臨床疫学研究室|臨床研究センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > データサイエンス部 > 臨床疫学研究室

臨床疫学研究室

主要スタッフ

  • 室長 大津 洋
  • 客員研究員 小河 祥子(山梨大学)
  • 客員研究員 本間 政人(デロイトトーマツコンサルティング)
  • 非常勤研究員 松谷 司郎

研究紹介

Information Communication Technology (ICT)の発展により、過去と比較しても多くの情報が世の中に広まる様になりました。
医学健康分野においては、ICTの発展は、革新的なイノベーションの推進の一役になる一方で、大量なデータ故に、多種多様なものの見方を与えて意思決定を困難にさせる一面も持っています。これまでは、医学の進歩には、ランダム化臨床試験を始めとしていわゆる臨床試験の実施が、物事の方向性を定めてサイエンスとして結果を追求することに寄与してきましたが、集団の代表性や妥当性に疑義が生じる場面がありました。また、仮説を追求するあまりに、データの不正に足を突っ込むという事案も生じていました。 
臨床疫学は、そもそも医療現場から発生するリサーチクエスチョンについて、疫学的手法を用いて医学の発展に寄与するための実践と研究を行う場です。ICTの発展により生まれる”Big-data”もしくは”Real-world data”をどのようにわが国の公共の福祉につなげていくのか?国際的な潮流とどのように整合性を取っていくのか?ということを追求していきたいと考えています。

研究テーマ

○様々な臨床研究における生物統計学の活用、実践

○自治体などにおける保健医療データの活用についての研究

○臨床研究における標準的なデータ構造について、その活用と実践

 ・医療機器における国際化対応についての研究と実践

 ・CDISC標準規格群の活用についての研究・実践

○臨床研究方法論についての研究および実践(特に臨床研究における品質管理)

 ・JCRACデータセンターとの共同

○医療レギュラトリーサイエンスに関する研究

 ・早稲田大学との共同研究