生物統計研究室|臨床研究センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > データサイエンス部 > 生物統計研究室

生物統計研究室

主要スタッフ

  • 室長 田中 紀子
  • 客員研究員 三重野 牧子
  • 客員研究員 松岡 淨
  • 研究生 稲葉 洋平
  • 研究生 上里 和也

研究紹介

医学統計学(Biostatistics)とは、医学分野におけるあらゆる諸問題を分析するための統計科学の理論や応用を研究する学問です。つまり、医学の分野と同じだけ非常に幅広い領域、分子生物学や生理学などの基礎医学分野から公衆衛生、社会医学分野におけるあらゆる問題に取り組みます。本研究室では、特定の疾患・医学分野特有の問題を扱うよりは、総合診療科、あるいは各診療科共通の問題に取り組む際に生じる統計学的問題を扱う基礎的あるいは応用的研究を行います。中でも臨床疫学研究、特にバイオマーカーや遺伝情報を扱う臨床生命情報学(Clinical Bioinformatics)分野における研究デザイン及び統計学的解析方法の開発に主眼をおき、以下のような研究課題に主に取り組んでいます。

  • 医学分野における研究デザインの開発
  • 臨床研究におけるオミクスデータの統計的手法の開発及び応用
  • 臨床研究における数理統計学的手法の開発および応用
  • 新規バイオインフォマティクス技術の開発及び応用
  • オミクスデータを用いた臨床研究における品質管理手法の開発及び応用
  • アウトカムが複数ある臨床研究で生じる諸問題への統計学的解決方法

共同研究や研修、および就業機会(career opportunity)に関するお問い合わせは biostat@hosp.ncgm.go.jp までお願いいたします。
本研究室では随時短期フェローを募集しています。興味のある方は上記連絡先までお問い合わせください。詳しくは下記HPをご参照ください。
URL https://sites.google.com/site/biostatncgmjp/welcome(外部サイトにリンクします)

また、研究活動の他に、センター内あるいはセンターを含む研究に対する研究デザイン、プロトコルライティング、データマネジメント、統計解析手法、プレゼンテーションの仕方、論文作成などに関するコンサルテーションも行っています。
統計コンサルテーションの詳しい説明は 研究室HP(外部サイトにリンクします)にございますので、そちらのページから受け付けも内外の研究者(アカデミア、営利企業/団体問わず)を対象として行っております。

主な業績 (* equal contribution)

  1. Matsunaga A, Hishima T, Tanaka N, Yamasaki M, Yoshida L, Mochizuki M, Tanuma J, Oka S, Ishizaka Y, Shimura M, Hagiwara S. DNA methylation profiling can classify HIV-associated lymphomas.AIDS. 2013 Dec 11. [Epub ahead of print](外部サイトにリンクします)
  2. Pogue-Geile K, Kim C, Jong HJ, Tanaka N, Bandos H, Gavin P,Fumagalli D, Goldstein L, Sneige N, Buranli E, Taniyama Y, Bohn O, Lee A, Kim SL, Reilly M, Remillard M, Blackmon N, Kim SR, Horne Z, Rastogi P, Fehrenbacher L, Romond E, Swain S, Mamounas E, Wickerham D, Geyer C, Costantino J, Wolmark N, Paik S. Predicting Degree of Benefit from Adjuvant Trastuzumab in NSABP Trial B-31. J Natl Cancer Inst.2013. 105(23):1782-8.(外部サイトにリンクします)
  3. Kimura A and Tanaka N. Whole-body computed tomography is associated with decreased mortality in blunt trauma patients with moderate-to-severe consciousness disturbance: A multicenter, retrospective study. J Trauma Acute Care Surg. 2013. 75(2):202-6. (外部サイトにリンクします)
  4. Pogue-Geile K, Yothers G, Taniyama Y, Tanaka N, Gavin P, Colangelo L, Blackmon N, Lipchik C, Kim SR, Sharif S, Allegra C, Petrelli N, O'Connell M, Wolmark N, Paik S.Defective Mismatch Repair and Benefit from Bevacizumab for Colon Cancer: Findings from NSABP C-08. Brief Comm. J Natl Cancer Inst.2013. 105(13):989-992. (外部サイトにリンクします)
  5. Gavin PG, Colangelo LH, Fumagalli D, Tanaka N, Remillard MY, Yothers G, Kim C, Blackmon NL, Kim SI, Choi HJ, Petrelli NJ, O'Connell MJ,Wolmark N, Paik S, Pogue-Geile KL. Mutation Profiling and Microsatellite Instability in Stage II and III . Colon Cancer: An Assessment of their Prognostic and Oxaliplatin Predictive Value. 2012.Clin Can Res. 18: 6531-41. (外部サイトにリンクします)
  6. Morikawa T*, Tanaka N*, Kuchiba A*, Nosho K*, Yamauchi M, Hornick JL, Swanson RS, Chan AT, Meyerharli JA, Huttenhower C, Schrag D, Fuchs CS, Ogino S. Predictors of Lymph Node Count in Colorectal Cancer Resections: Data from U.S. Nationwide Prospective Cohort Studies. 2012. Arch Surg. 147:715-23.(外部サイトにリンクします)
  7. Sawabe M*, Tanaka N*, Mieno MN*, Ishikawa S, Matsushita S, Nakahara K, JMS Cohort Study Group. Low Lipoprotein (a) Concentration is Associated with Cancer and All-Cause Deaths: A Population-Based Cohort Study (The JMS Cohort Study).PLoS One. 2012;7(4):e31954. (外部サイトにリンクします)
  8. Tanaka N*, Huttenhower C*, Nosho K*, Baba Y*, Shima K, Quackenbushu J, Haigis KM, Giovannucci EL. Fuchs CS, Ogino S. Novel Application of Structural Equation Modeling to Correlation Structure Analysis of CpG Island Methylation in Colorectal Cancer. 2010. Am J Pathol. 177時27分31-40(外部サイトにリンクします)
  9. Sawabe M*, Tanaka N*, Nakahara K, Hamamatsu A, Chida K, Saito Y, Arai T, Harada K, Inamatsu T, Ozawa T, Mieno NM, Matsushita S. A high lipoprotein(a) level confers approximately equal positive effects on coronary atherosclerosis and myocardial infarction: a path analysis using a large number of autopsy cases. 2009. Heart. 95:1997-2002. (外部サイトにリンクします)
  10. Tanaka N, Asada T, Kinoshita T, Fumio Y, Uno M. Alcohol consumption and risk of dementia. 2002. Lancet 360: 491 (letter)(外部サイトにリンクします)