プロトコル支援室|臨床研究センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 臨床研究推進部 > プロトコル支援室

プロトコル支援室

更新日:2017年12月13日

プロトコル支援室の業務

プロトコル支援室は、国立国際医療研究センターが代表機関となって行う臨床研究や臨床試験の研究計画書の作成支援を行います。大規模な無作為化比較試験の多施設共同研究や、薬事戦略を検討する必要がある医師主導治験などの場合は、必要に応じて対外的な調整や交渉等も行います。

 支援実績

モノエタノールアミンオレイン酸塩を使用するバルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術(BRTO)による胃静脈瘤治療の有効性及び安全性の検討(JMACCT試験ID: JMA-IIA00191)

「オルダミン®注射用1g」の「胃静脈瘤の退縮」適応追加のお知らせ

VerigeneRシステムを用いた敗血症の迅速診断(先進医療A)

2017年6月保険適用(本試験の成績も利用された) 
Hayakawa K, Mezaki K, Kobayakawa M, et al. Impact of rapid identification of positive blood cultures using the Verigene system on antibiotic prescriptions: A prospective study of community-onset bacteremia in a tertiary hospital in Japan. PLoS ONE. 2017;12(7):e0181548.
 

FDGを用いたポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影による不明熱の診断(先進医療B)

 試験実施中(登録終了)

腹膜偽粘液腫のの減量切除術に対する周術期腹腹腔内化学療法 (先進医療B)

 試験実施中(登録終了)

エボラ出血熱に対するファビピラビル投与の臨床試験

 試験実施中