メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > インターナショナルトライアル部 > 国際感染症フォーラム

フォーラムトップ画像

設立背景・目的

抗菌剤や抗ウイルス剤の開発により我が国においては感染症に対する脅威は少なくなったものの、グローバル化の進展により、新たな感染症に対するリスクは依然として存在しています。特に、エボラ出血熱、MERS、新型インフルエンザ等の新興・再興感染症のアウトブレイク時における国内防疫体制の整備や薬剤耐性(AMR)に対する対策は急務となっています。このため、国立国際医療研究センター(NCGM)は感染症指定医療機関のネットワークによる防疫管理体制の構築や国際的な臨床研究ネットワークを活用した感染症診断薬、治療薬等の開発推進等、感染症に対する体制の整備・強化を検討しているところです。これらの実現には製薬企業をはじめとして関係行政機関、関係団体の御協力が必須であることから、今回関係者の御協力を得て国際感染症フォーラムを設立することといたしました。

本フォーラムは、企業、医療機関、および研究機関等が参画し、感染症に関する国内外の情報を共有しつつ、産学官の連携により、新興・再興感染症および薬剤耐性菌等国際的に脅威となる感染症に対する診断薬、治療薬、予防薬および検査機器等の開発を推進することを目的とします。

活動内容

本フォーラムは、上記の目的を達成するために次の事業を行います。

  1. 参画法人等における国内外の新興・再興感染症および薬剤耐性等に関する情報の共有並びに意見交換
  2. 診断薬、治療薬、予防薬および検査機器等の開発推進に関する本フォーラム会員とNCGMとの共同研究に係る調整
  3. NCGMが構築する国際共同臨床研究プラットホームを活用する研究開発の推進

フォーラムの運営

  1. 本フォーラムの目的及び事業に賛同する法人、医療機関、研究機関等を会員とします。
  2. 概ね年4回の開催を予定しております。
  3. 会費は無料です。詳細は規約をご参照ください。

おしらせ

2019-11-08  第8回NCGM国際感染症フォーラムのご案内 NEW

2019-10-16  第7回フォーラム資料は以下よりダウンロードできます

*第6回以前のフォーラム資料はこちら

プログラム

"Global Health Issue: Trend of AMR Control" 1.06MB   
井上 肇先生(NCGM企画戦略局長)
"AMR Action Plan in Japan and AMR Reference Center Activity" 4.04MB  
具 芳明先生(NCGM AMRリファレンスセンター情報・教育支援室長)
"The facts and assignments for implementation of TB-LAMP in developing countries" 3.08MB
渡 一 先生(栄研化学株式会社 執行役海外事業室長)
"Antimicrobial Drug Development and its Foresight" 3.00MB  
平井 敬二先生(杏林製薬株式会社 相談役)
"AMR Control in the Philippines" 1.58MB  
Antonio Villanueva(NCGM臨床研究センター インターナショナルトライアル部)