メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > センター長あいさつ

センター長あいさつ

渡邉裕司
渡邉 裕司

この度、国立国際医療研究センターの臨床研究センター長を、満屋裕明先生の後任として担当させて頂くことになりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。 

国立国際医療研究センターを含む6つのナショナルセンターは、平成27年4月より国立研究開発法人となり、医療イノベーションを実現するための研究開発が大きなミッションとなりました。普段私たちが臨床で使用する医薬品・医療機器や意思決定の根拠となるエビデンスは、過去に実施された臨床研究により開発され、もたらされたものです。その意味で、私たちは研究開発と決して無縁ではなく、その恩恵を常に享受していると考えられます。臨床研究の倫理原則として知られるベルモントレポートでは、臨床研究におけるベネフィットとリスクの公平、公正な分配が謳われており、私たちが過去の臨床研究の恩恵に浴するなら、私たちもまた次世代の人々のために新しい医療や医薬品・医療機器を創り、伝える責務を負っていることを明示しています。

近年、わが国の臨床研究を取り巻く環境は大きく変化しました。臨床研究中核病院など医療機関の体制整備が進められ、平成27年4月からはAMEDが発足し、政府からのファンディングが集約化され、優れた基礎研究の成果を臨床研究・産業化につなげる一貫したマネジメントがなされるようになりました。薬事承認の迅速化や先駆け審査指定制度の導入などレギュラトリー対応も進化し、日本からの医薬品・医療機器創出、エビデンス発信の環境は醸成されつつあります。このような環境の中で、医療者も「臨床研究を通じた新たな医療の開発」を自身の重要なミッションの一つであると認識し、実践することが求められます。

国立国際医療研究センターは、感染症や生活習慣病をはじめバランスの取れた総合医療を特長としていますが、今後研究開発においてもこれらの特長を活かすことが可能と信じています。治験や臨床試験では国際臨床試験が急速に増加していますが、国際医療協力の長い経験を有した国立国際医療研究センターは、アジア、さらに世界に向けて大きな貢献が出来るポテンシャルを持っていると期待しています。

当臨床研究センターでは、国立国際医療研究センターにおける臨床研究の活性化や支援を引き続き行うとともに、国内外の学術研究機関や製薬企業・医療機器開発企業との連携を強化し、日本発の医薬品・医療機器の海外展開の窓口となる機能を充実させたいと考えています。

日本から世界へ良質のエビデンスを発信し、世界の患者に貢献する役割を日本が担う、臨床研究センターをそのような基盤となすことにスタッフの皆さんと努力してまいる所存です。ご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。