研究プロジェクト|臨床研究センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > データサイエンス部 > JCRACデータセンター > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

>終了した研究へ移動する

arrow1 現在活動中の主な研究

No. 研究名 略名
【登録画面】
主任研究者(敬称略)
10 自己骨髄由来培養間葉系細胞移植による末梢動脈疾患に対する血管新生治療 ATPAD 福田 尚司 国立国際医療研究センター
9 経口抗がん薬の服薬自己管理支援プログラムの有効性:ランダム化比較試験と質的研究によるMixed Method SSPC 小松 浩子 慶應義塾大学
8 FDG-PET/CTの不明熱診断への応用-ガリウムSPECTとの比較研究 JPET-FUO 南本 亮吾 国立国際医療研究センター
7 腹膜偽粘液腫に対する減量切除術と周術期腹腔内化学療法に関する前向き試験 PMP 矢野 秀朗 国立国際医療研究センター
6 食道扁平上皮癌ハイリスク粘膜の遺伝子解析研究 ESCC 矢田 智之 国立国際医療研究センター 国府台病院
5 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開 TIDE-J
【登録画面】
梶尾 裕 国立国際医療研究センター
4 慢性膵炎患者を対象とした膵切除術および自家膵島移植の有効性と安全性に関する臨床試験 PAITTCP 霜田 雅之 国立国際医療研究センター
3 重症低血糖発作を合併するインスリン依存性糖尿病に対する脳死および心停止ドナーからのシングルドナー膵島移植の有効性と安全性に関する臨床試験 ncGMIT 霜田 雅之 国立国際医療研究センター
2 初発多発性骨髄腫に対する自家末梢造血幹細胞移植後の地固め・維持療法に関する有効性と安全性の探索検討 BoMB-after 竹迫 直樹 災害医療センター
1 初発性多発性骨髄腫に対するベルケイド・デキサメサゾン併用末梢血管細 胞移植療法に関する有効性と安全性の検討試験 BoMB-MM01 竹迫 直樹 災害医療センター

このページのTOPへ


arrow1 終了した研究

No. 研究名 略名
【登録画面】
主任研究者(敬称略)
(注:所属は研究終了時点の所属です)
37 「2型糖尿病における経口血糖降下薬療法に関する研究」-メトホルミン、シタグリプチンの認容性と有効性の比較に関する研究 COAST-J 野田 光彦 国立国際医療研究センター
36 厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)「戦略研究に向けた研究実施計画書作成に関する研究」自治体における生活習慣病重症化予防のための受療行動促進モデルによる保健指導プログラムの効果検証に関する研究 J-HARP 磯 博康 大阪大学
35 迅速薬剤耐性因子検出法を用いた重症細菌感染症の高度抗菌剤療法による先進医療   大曲 貴夫 国立国際医療研究センター
34 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究 PUHYPO 臼井 規朗 大阪府立母子保健総合医療センター
33 厚生労働省科学研究費補助金(エイズ対策研究事業研究)HIV母子感染児における神経学的予後についての研究   田中 瑞恵 国立国際医療研究センター
32 動脈硬化性疾患危険因子を有する高齢者に及ぼすアスピリンの一次予防効果に関する研究 JPPP
池田 康夫 早稲田大学
Low-Dose Aspirin for Primary Prevention of Cardiovascular Events in Japanese Patients 60 Years or Older With Atherosclerotic Risk Factors A Randomized Clinical Trial.JAMA. Published online November 17, 2014.
JAMA 312(23):2510-2520.
Rationale, design, and baseline data of the Japanese Primary Prevention Project (JPPP)-a randomized, open-label, controlled trial of aspirin versus no aspirin in patients with multiple risk factors for vascular events.Am Heart J. 2010 Mar;159(3):361-369.
31 救急診療における重篤な中枢神経疾患の見逃しを回避するClinical Decision Rulesの多施設前向き検証
頭痛患者におけるくも膜下出血の見逃しを回避する判断基準の作成
めまい診療における中枢性めまいの見逃し回避を目的とした研究
EMERALD 木村 昭夫 国立国際医療研究センター
30 原発性アルドステロン症診療ガイドラインの検証および診断・治療に関するわが国独自のエビデンス構築に関する研究 PHAS-J3
【登録画面】
成瀬 光栄 京都医療センター
※JCRACデータセンターのサポートは終了しました。
29 学会ガイドラインに基づく原発性アルドステロン症の診断と効果的な薬物治療法の確立 PHAS-J2 成瀬 光栄 京都医療センター
28 胎児・新生児肺低形成の診断・治療実態に関する調査研究
①先天性嚢胞性肺疾患
②胎児胸水
③胎児尿路閉塞性疾患
PUHYPO 臼井 規朗 大阪大学
27 周産期における親向けの乳幼児予防接種教育プログラムに関する研究   上別府 圭子 東京大学
26 COPD患者に対するインダカテロールとチオトロピウムの短期効果の3次元気道解析法による比較検討   石井 聰 国立国際医療研究センター
25 モンゴル新生児を対象とした新生児蘇生法の導入後における新生児死亡や新生児仮死の抑制効果に関する後ろ向き研究   赤平 百絵 国立国際医療研究センター
24 日本循環器学会 循環器疾患診療実態調査 JROAD 小川 久雄 国立循環器病研究センター 
※2013年4月1日より、業務を国立循環器病研究センターに移管しました。
23 ジストロフィノパチーに合併した心筋疾患における新たな診断・治療法の開発 MAC-D 岡本 洋 北海道医療センター
22 自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネージメントの効果:多施設共同による無作為化比較研究 ACTION-J 平安 良雄 横浜市立大学
2014年9月8日、プレスリリース詳細  印刷用PDF
Assertive case management versus enhanced usual care for people with mental health problems who had attempted suicide and were admitted to hospital emergency departments in Japan (ACTION-J): a multicentre, randomised controlled trial, The Lancet Psychiatry, Vol.1, Issue 3, Pages 193 - 201, August 2014
第26回国際自殺予防学会(International Association for Suicide Prevention: IASP)報告 (横浜市立大学医学部精神医学教室 河西千秋 准教授)
A randomized controlled multicenter trial of post-suicide attempt case management for the prevention of further attempts in Japan (ACTION-J). BMC Public Health 2009, 9:364.
21 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 消化器外科手術の施設間技術評価法の確立 E-PASS 芳賀 克夫 熊本医療センター
Haga Y, Ikejiri K, Wada Y, Ikenaga M, Takeuchi H. Preliminary study of surgical audit for overall survival following gastric cancer resection. Gastric Cancer 2014 Feb 6.
Haga Y, Ikejiri K, Wada Y, Takahashi T, Ikenaga M, Akiyama N, Koike S, Koseki M, Saitoh T: A multicenter prospective study of surgical audit systems. Ann Surg 2011; 253(1): 194-201.
20 科学的根拠に基づいた循環器診療評価指標の基盤体制構築に関する研究 Q-TASK 横山 広行 国立循環器病研究センター 
※2012年4月2日より、データマネージメントを国立循環器病研究センターにて実施しております。
19 急性大動脈解離に関する全国規模登録

J-RAD

荻野 均 東京医科大学
※2012年4月2日より、データマネージメントを国立循環器病研究センターにて実施しております。
18 Platinum-doublet (Docetaxelは除く)+Bevacizumab併用化学療法後に増悪した進行非小細胞肺癌(非扁平上皮癌)患者に対するBevacizumab+Docetaxel併用化学療法とDocetaxel単剤のランダム化第II相臨床試験   西尾 誠人 がん研究会有明病院
17 拡張期心不全の治療法確立のための大規模臨床試験 J-DHF 堀 正二 大阪府立成人病センター 
Effects of carvedilol on heart failure with preserved ejection fraction: the Japanese Diastolic Heart Failure Study (J-DHF). Eur. J. Heart Fail. 2013 15(1):110-118.
「J-DHF」, (特集 心不全2009) -- (わが国における心不全治療のEBM), 綜合臨床 2009,58(4)689.
主要薬剤の大規模臨床試験 β遮断薬 J-DHF Study (大規模臨床試験--循環・代謝系を中心に) -- (心不全). 日本臨床 66(-) (945), 266-269, 2008-10.
最近の大規模臨床試験(心不全治療薬) 全般 J-DHF試験の概要 (心不全(上)最新の基礎・臨床研究の進歩) -- (治療学の進歩). 日本臨床 65(-) (913), 498-501, 2007-04.
Rationale and design of a randomized trial to assess the effects of beta-blocker in diastolic heart failure; Japanese Diastolic Heart Failure Study (J-DHF). J Card Fail. 2005 Sep;11(7):542-7.
16 厚生労働科学研究事業 エイズ予防のための戦略研究 AIDS戦略研究 木村 哲 エイズ予防財団
15 複合的自殺対策プログラムの自殺企図予防効果に関する地域介入研究 NOCOMIT-J 大野 裕 慶應義塾大学
Effectiveness of a Multimodal Community Intervention Program to Prevent Suicide and Suicide Attempts: A Quasi-Experimental Study. PLOS ONE, Volume 8, Issue 10, e74902, October 2013.
P-1423 - NOCOMIT-J: a community intervention trial of multi-modal suicide prevention program in Japan. European Psychiatry, Volume 27, Supplement 1, 2012, Pages 1.
A community intervention trial of multimodal suicide prevention program in Japan: A Novel multimodal Community Intervention program to prevent suicide and suicide attempt in Japan, NOCOMIT-J BMC Public Health. 2008 Sep 15;8:315.
「自殺対策のための戦略研究――複合的自殺対策プログラムの自殺企図予防効果に関する地域介入研究(NOCOMIT-J)」 『医学のあゆみ』 219(13): 1093-7.
「厚生労働省戦略研究――地域における自殺予防活動の重要性とNOCOMIT-Jのかかわり」 『精神神経学雑誌』 110(3): 216-21.
14 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 人工呼吸器療法(侵襲的人工呼吸および非侵襲的陽圧人工換気法:NIPPV)における適用基準、医療行為の安全性、患者予後に関する研究 JNEPPV 井上 義一 近畿中央胸部疾患センター
Prospective Cohort Study Of Positive Pressure Mechanical Ventilation In Chronic Respiratory Diseases (Japan National Hospital Organization EBM Study For Positive Pressure Ventilation) Am. J. Respir. Crit. Care Med., May 2010; 181: A3027.
13 慢性心不全におけるβ遮断薬による治療法確立のための大規模臨床試験 J-CHF 堀 正二 大阪府立成人病センター
Minimal dose for effective clinical outcome and predictive factors for responsiveness to carvedilol: Japanese chronic heart failure (J-CHF) Study. Int. J. Cardiol. 2013 Apr 5;164(2):238-44.
「慢性心不全におけるβ遮断薬による治療法確立のための大規模臨床試験」, (特集 心不全2009) -- (わが国における心不全治療のEBM), 綜合臨床 2009,58(4)684-688.
最近の大規模臨床試験(心不全治療薬) β遮断薬 J-CHF(カルベジロール)試験の概要 (心不全(上)最新の基礎・臨床研究の進歩) -- (治療学の進歩). 日本臨床 65(-) (913), 537-542, 2007-04.
12 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 ステロイド療法の安全性の確立に関する研究 J-NHOSAC 右田 清志 長崎医療センター
Glucocorticoid Therapy and the Risk of Infection in Patients With Newly Diagnosed Autoimmune Disease. Medicine, Volume 92, Issue 5, September 2013.

11

高血圧性肥大心において降圧薬が左室拡張機能に与える影響の検討 J-ELAN 堀 正二 大阪大学
The effect of losartan and amlodipine on left ventricular diastolic function and atherosclerosis in Japanese patients with mild-to-moderate hypertension (J-ELAN) study. Hypertens Res. 2011 Mar; 34(3): 325-30.
最近の大規模臨床試験(心不全治療薬) 全般 J-ELAN(ロサルタンvsアムロジピン)試験の概要 =J-ELAN study (effect of Losartan and Amlodipine on left ventricular diastolic function in patients with mild-to-moderate hypertension) (心不全(上)最新の基礎・臨床研究の進歩) -- (治療学の進歩). 日本臨床. 2007 Apr 28: 65: 513-515.
Effect of losartan and amlodipine on left ventricular diastolic function in patients with mild-to-moderate hypertension (J-ELAN): rationale and design. Circ J. 2006 Jan; 70(1): 124-8.
10 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 「EBMに基づく胃潰瘍診断ガイドライン」の妥当性に関する臨床的検討。アウトカム研究を中心として EGGU 谷山 清己 呉医療センター・中国がんセンター
EVIDENCE-BASED THERAPY ACCORDING TO THE GUIDELINE FOR GASTRIC ULCERS IS COST-EFFECTIVE IN JAPAN Journal of Physiology and Pharmacology 2011, 62, 6, 627-635.
9 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 人口栄養(中心静脈栄養もしくは経腸栄養)を行う際の医療行為の安全性、患者予後に関する観察研究 JAPOAN 尾藤 誠司 東京医療センター
Prospective Cohort Study Comparing the Effects of Different Artificial Nutrition Methods on Long-Term Survival in the Elderly Journal of Parenteral & Enteral Nutrition Feb. 13, 2014.
8 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 我が国の高血圧症における原発性アルドステロン症の実態調査研究 PHAS-J 成瀬 光栄 京都医療センター 
7 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 心房細動による心原性脳塞栓予防における抗血栓療法の実態調査 J-NHOAF 是恒 之宏 大阪医療センター
CHADS2スコアによるリスク評価と抗血栓療法の適応, 展望 Jpn J. Electrocardiol. 2009; 29: 245-7.
6 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究 急性心筋梗塞全国共同悉皆調査による臨床評価指標とその評価 STAMINO 楠岡 英雄 大阪医療センター
5 「低リスク安定労作性狭心症に対する薬物療法とインターベンション療法の予後に関する無作為介入試験(JSAP Study)の長期予後調査研究」の後ろ向きの長期予後調査研究 JSAP-2 西垣 和彦 岐阜大学 
Percutaneous Coronary Intervention Plus Medical Therapy Reduces the Incidence of Acute Coronary Syndrome More Effectively Than Initial Medical Therapy Only Among Patients With Low-Risk Coronary Artery Disease: A Randomized, Comparative, Multicenter Study. JACC Cardiovasc Interv. 2008 Oct;1(5):469-79.
4 我が国の冠動脈疾患に対する薬物・インターベンション治療の予後とコスト J-SAP 藤原 久義 岐阜大学医学部
Outcomes of patients with stable low-risk coronary artery disease receiving medicaland PCI-preceding therapies in Japan. J-SAP Study 1-1. Circ. J. 2006; 70: 365?369.
3 虚血・再還流における心筋保護に関する大規模無作為薬剤効果比較試験 J-WIND 北風 政史 国立循環器病研究センター
Cardioprotection in the clinical setting-lessons from J-WIND studies. Cardiovasc Drugs Ther. 2010 Jun;24(3):289-95.
Human atrial natriuretic peptide and nicorandil as adjuncts to reperfusion treatment for acute myocardial infarction (J-WIND): two randomised trials. Lancet. 2007 Oct 27;370(9597):1483-93.
Rationale and design of a large-scale trial using nicorandil as an adjunct to percutaneous coronary intervention for ST-segment elevation acute myocardial infarction: Japan-Working groups of acute myocardial infarction for the reduction of Necrotic Damage by a K-ATP channel opener (J-WIND-KATP). Circ J. 2006 Jan; 70(1): 124-8.
Rationale and design of a large-scale trial using atrial natriuretic peptide (ANP) as an adjunct to percutaneous coronary intervention for ST-segment elevation acute myocardial infarction: Japan-Working groups of acute myocardial infarction for the reduction of Necrotic Damage by ANP (J-WIND-ANP). Circ J. 2006 Jan; 70(1): 124-8.
2 軽症糖尿病の薬物療法及び非薬物治療に関する介入研究 J-MILDDM 岩本 安彦 東京女子医大糖尿病センター
1 専門医療機関受診者と一般人口集団双方を対象とした危険因子の相互間先生に関する大規模調査研究 J-ARC 工藤 宏一郎 国立国際医療研究センター