メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 疫学・予防研究部 > 研究概要

研究概要

溝上 哲也
溝上 哲也

糖尿病などの生活習慣病、精神疾患、新型コロナウイルスといった国民への負担が大きな疾病を主なターゲットに、その予防に関する疫学研究を国内外で展開しています。

1)職域多施設研究(J-ECOHスタディ)
関東・東海に本社のある10数社(総従業員数10万名)が参加した大規模な研究です。2012年に研究を開始し、産業医の協力のもと健康診断・長期疾病休業・在職死亡などの情報を収集し、それに基づいて様々な分析を行っています。一例として、機械学習により、糖尿病のリスク予測を行うツールを開発し、ホームページで公開しています。
https://www.ncgm.go.jp/riskscore/

2)栄養・運動に関する職域疫学研究
J-ECOHスタディのサブスタディとして、栄養と運動と糖代謝や抑うつに関わる疫学研究を行っています。


感染症影響研究室

3)新型コロナウイルスに関する臨床疫学研究
感染状況の把握とその疫学要因を解明するため、医療従事者(当センター職員)や企業勤務者を対象に抗体検査を含む疫学調査を行っています。心理社会的な側面を含め、感染の蔓延による様々な健康影響を調べます。


予防医学研究室

4)ベトナム心血管疾患コホート研究
ベトナム・カインホア省の住民3000人を対象とした心血管疾患に関するコホート研究です。ベースライン調査で食生活や運動習慣、血液検査データなどの情報を収集したのち、対象者を最大10年間追跡します。