メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 疫学・予防研究部 > スタッフ紹介

スタッフ紹介

部室長

氏名
役職名
プロフィール
(主な経歴・学位、専門分野、主な認定資格等)
主な活動内容

溝上哲也

部長

経歴:産業医科大学医学部1998年卒、医学博士
九州大学医学研究院予防医学分野助教授を経て、2006年より国立国際医療研究センターに勤務。
専門分野:疫学、予防医学、産業保健、国際保健資格:医師、労働衛生コンサルタント
関東・東海に本社を置く10数社が参加した職域多施設研究(J-ECOHスタディ)の事務局代表を務めている。機械学習による糖尿病リスク予測モデルを開発した。学校保健研究として、スリランカで子どもから親や地域に波及するヘルスプロモーション活動の開発と評価を行ってきた。

井上陽介

室長

経歴:東京大学医学部健康科学・看護学科(現 健康総合科学科)2008年卒、博士(保健学)。東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻特任助教、ノースカロライナ大学チャペルヒル校研究員などを経て、2018年より国立国際医療研究センターに勤務。
専門分野:疫学、予防医学、国際保健学
日本、アメリカ、中国、ベトナムなどにおいて、非感染性疾患に関する疫学研究を進めてきた。国立国際医療研究センターでは、職域多施設研究(J-ECOH)のデータを用いた予防医学研究やベトナム・ニャチャンにおける心血管疾患コホート研究の立ち上げ・運営に注力している。

部室長以外(室毎にまとめて記載)

氏名所属、職名

三木 貴子

上級研究員

Hoang Van Dong

上級研究員

福永 亜美

研究員

山本 尚平

研究員

Rachana Manadhar Shrestha

特任研究員

小西 満貴

研究員(データマネージャー)

桑原 恵介

研究員(帝京大学)